展覧会

《ヴェネツィアのかんかん》(1964年)

第5回企画展

ゆきなりさんぼうーヨーロッパ紀行

2019年3月2日~7月27日            

まだ世界が東西冷戦下にあった1963年の12月、永井潔は旧・東ドイツへと旅立ちました。東ベルリンで開催される「現代日本版画展」に日本美術会代表として参加するためです。

47歳にして初めてのヨーロッパ、ジェット機に乗るのもむろん初めて。そんな〝おのぼりさん〟状態のまま、翌1964年の7月にかけて、ルーマニア、スイス、イタリア、フランス、ベルギー、オランダ、デンマークをめぐった旅を彼は「ゆきなりさんぼう─ヨーロッパ紀行」(1964~65年「文化評論」)というエッセイに記しました。〝ゆきなりさんぼう(行き成り三宝)〟とは、〝いきあたりばったり〟のこと。旅はアクシデントの連続でしたが、「困ったときは、いつも見知らぬ友がどこからか現れて、その親切によって助けられた。不親切にも出会ったが、親切に出会った印象の方が強い。けっきょく私は人間に対する親愛を深めることになった」(同)と述懐するほど、生涯心に残る旅となったようです。今回は、その旅中で描いた作品を展示します。

ドイツの小旅行では『ヨーロッパスケッチ ドレスデン』(1964年/水彩)、『ドレスデン 城を望む』(同・水彩)、次に訪れたルーマニアでの『ブカレスト雪景』 (同/水彩)。イタリアでは『ヴェネツィアのかんかん』(同/水彩)2点と『ベニスの女』(同/水彩)。最も長く滞在したデンマークでは、『リンゴの花咲く裏庭』(同/油彩)、『アスパラガスの缶詰工場』(同/油彩)、『コペンハーゲンから来た娘』(同/油彩)、『税関の見える船着き場』 (同/油彩)、『樹間』(同/油彩)、『ボーゲンセの坂道』(同/油彩)、『ボーゲンセへの道』(同/油彩)、『アンデルセンの家』(同/油彩)、『ボーゲンセの魚屋』(同/油彩)、『ランゴオ駅』(同/水彩)、『デンマークのまきわり』(同/水彩)など、展示作品は22点。最初の宿泊地、ボンベイでカメラを失ったため、思い出に残したい光景はその場で絵に描きとどめるしかありませんでした。当時の彼には、新たにカメラを買うという選択肢がなかったようです。そんな状況もふまえてお楽しみいただけたらと思います。

Please reload

同時展示

1階「絵のあるカフェ」 では『日本のわらい話』(1971年/偕成社)の挿絵原画を展示します。日本の民話にお馴染みの、おじいさん、おばあさん、和尚さん、小僧さん、鬼、狸、狐、カエルなど、 永井潔が得意としたコミカルなパワーが全開です。

​過去の展覧会

第1回企画展 永井潔アトリエ館オープン記念

​永井潔のすゝめ

2017年4月​15日~7月29日

アトリエ館のオープン記念となる本展では、評価の高い人物画を中心に、1940年代から2000年代にかけての主要な作品をご紹介いたします。

本ホームぺージ記載の記事・作品図版等の無断転載を禁じます。   Copyright © Nagai Kiyoshi Atelier. All rights reserved. Created on Wix.com.